« Roppoido旧型の解説記事公開 | トップページ | 多次元配列へのポインタなど、C言語の細かい解説 »

2007年1月17日 (水)

知能ロボットコンテストに事前審査導入

次回知能ロボットコンテストのルールが仮発表されました。

  • 5月下旬に事前審査映像を提出
  • テクニカルコースの缶が青+緑色に変更
  • 準備机保護用の厚い布を持参

京都大学機械研究会、東北大学Tゼミ、東京農工大学RURといった大学チームが常連のこの大会ですが、新入生チームでの出場は難しくなると思われます。大変厳しいスケジュールの中それなりに例年楽しませてくれたこれらのチームが減ってしまわないか、少し心配です。

事前審査の導入は、参加チーム数が増え続け、実行委員会にも参加者にも負担が増している現状を反映してのことです。止むを得ないところでしょう。

|

« Roppoido旧型の解説記事公開 | トップページ | 多次元配列へのポインタなど、C言語の細かい解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123969/13552519

この記事へのトラックバック一覧です: 知能ロボットコンテストに事前審査導入:

« Roppoido旧型の解説記事公開 | トップページ | 多次元配列へのポインタなど、C言語の細かい解説 »