« 速度制御など | トップページ | 走行の高速化 »

2007年6月17日 (日)

パターンエリア

パターンエリアが処理できるようになりました。当初はパターンエリアもランダムエリアも区別なく処理する計画でしたが、結局パターンエリアは予め知らされている対象物の座標を使います。最初の1個で4種類のうちどのパターンかを判別します。

ちなみに、パターンが4つのうちどれかを人間が入力してしまうのは禁止されているかどうか、ルールブックだけでは判断できません。人によって意見が分かれるところです。なお、過去にはランダムエリアまですべての対象物の配置を入力したというチームもありましたが、これについては中野先生が「それは反則ですねえ」と発言されて(そして会場の笑いを誘って)いたように記憶しています。随分前のことですので記憶違いがあるかもしれません。

最後は、ロボットではなく人間が石鹸箱を置く位置を間違えました。

タワーの上に載っていたボールはまだ考えられていません。どこに転がったか正確にはわからないボールを素早く探すには風兎2005のように横向きのセンサーを使う必要がありますが、現在まだ使っていません。

今後の課題

  1. ゴール方面の走行確認
  2. ランダムエリアの処理
  3. 高速化
  4. ボールが転がっていく方向の制御:タワーを取る時の向きを変える
  5. 横向きセンサーの使用
  6. 文字判別(間に合えば)

|

« 速度制御など | トップページ | 走行の高速化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123969/15460647

この記事へのトラックバック一覧です: パターンエリア:

« 速度制御など | トップページ | 走行の高速化 »