« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年2月

2009年2月 1日 (日)

宇治まなびんぐ2009 青少年交流フェスタ Re:miXに出展

2月1日、宇治市生涯学習センターにて行われたイベント「宇治まなびんぐ2009 青少年交流フェスタ Re:miX」に出展してきました。もともと宇治まなびんぐというイベントがあって、学生の団体も一般の団体も一緒にステージや展示を行っていたが、若い人の発表の割合がなかなか増えなかったのでということで今年から別日開催となったそうです。イベントの一つの意義は学生間の交流を促すことですが、早速今回、冊子を作っている団体が他大学の写真部に表紙写真で協力してもらうという話がまとまったそうです。大変有意義なことだと思います。

私は「京都大学機械研究会OB」として人型ロボットのWild Dog、6軸歩行ロボットRoppoidoのデモと操縦体験を行いました。小さなお子さんからお年寄りまで、幅広い層の方々に喜んでいただけました。操縦体験は今回はじめての試みでしたが、特に子供たちに好評でした。ちなみに、普段競技会で使っているコントローラーのキー割り当てはあまりに動作種類が多く複雑すぎるので「お客さま用モード」として別の割り当てを用意しているのです。

_img_4144準備中の展示ブースの様子です。

_img_4147_2

私も他団体とコラボレーションを、というわけではありませんが写真を撮らせてもらいました。京都文教大学の学生さんたちの展示で、アメリカンフラワーというプラスチック製の造花だそうです。この他にも写真作品等の展示やステージ出演をされていました。

4年前にKHR-1が発売されていますが、いまだにホビー二足歩行ロボットはごく一部の愛好家のものであり、あまり世間に知られていません。今回見に来られた方も、初めて見たという人がほとんどでした。ロボットの展示はコンピューターのプログラム、制御、機械、電気電子回路など科学技術分野に興味を持ってもらえる良い方法の一つだと思いますので、今後もこのような機会があれば微力ながら積極的に出展していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »