« Engineer Award 2009 Final | トップページ | 第14回熱田の森ロボット競技会に参加 »

2010年3月10日 (水)

第7回ロボプロステーション・チャレンジカップ(Beautoロボコン)

Cc3Shuugou2

ロボプロステーション・チャレンジカップのBeautoロボコン(Chaserクラス)に参加してきました。昨年、前々回はほぼ自作機の風兎2009LTで出場しましたが、今回は学習用ロボットキットBeauto Chaserのセンサーを4個にしただけのロボットで出場しました。ハードウェアの改造なしにどこまでできるか試してみたかったのと、そしてこれからロボットを学習する人の参考になればという意図からでした。走行の様子[WMV]を公開します。Beauto Chaserでもプログラム次第でこのくらいは走れるということがわかりました。

大会結果の方は、2位に倍以上のタイム差をつけて優勝しました。Let's robot スタッフ日記に結果速報が出ています。淀川工科高のロボットなど、機体性能やプログラムの工夫が優れたロボットが出場していたのですが今回はコースの路面状態が厳しく、性能を活かしきれない結果運良く勝たせてもらえたのだと思います。実際、多くの参加ロボットがコースを見失ってコースアウトしたり止まってしまったりといった事態に見舞われました。私の推測では、コースの起伏が大きかったせいで光センサーの反応が大きく変化し、これに対応するのが難しかったのではないかと思います。その一方で、堅実なプログラムで最初から完走するロボットもあって驚かされました。私のロボットも試走時には上り坂になっているところの手前で線が途切れたと判断して止まってしまいました。対策は色々試しましたが、センサーを地面から離して相対的に起伏の影響を下げるのが有効だったと思います。

他にも会場では、出場者の高校の先生に風兎2009LT等に関して書いた記事を参考にしてもらえたという嬉しい話を聞きました。

今回、まずBeauto Chaserの性能を試すという当初の目標は十分達成できたと思います。工夫した点などは追い追い公開していきたいと思います。

|

« Engineer Award 2009 Final | トップページ | 第14回熱田の森ロボット競技会に参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123969/47777002

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回ロボプロステーション・チャレンジカップ(Beautoロボコン):

« Engineer Award 2009 Final | トップページ | 第14回熱田の森ロボット競技会に参加 »