« Beauto講座サンプルプログラム訂正 | トップページ | UFOキャッチャーMEGA »

2011年1月 8日 (土)

本講座サンプルプログラムの利用方法

本講座のサンプルプログラムの利用方法を手順に沿って説明します。

1. VSTONEのVS-WRC003サポートページ内にあるC言語サンプルソースの中から「LEDの点滅」サンプルソース一式をダウンロードし、適当な作業用フォルダに展開します。

Dl_source2. Beauto講座の記事内にあるソースファイルへのリンクを右クリックしてダウンロードします。ここでは6_pid.cを例にとって説明します。

Save_as「LED点滅」のサンプルと同じフォルダに保存します。

Del21

3. 作業用フォルダに保存した「LED点滅」のプロジェクトをHEWで開きます。ウィンドウ左側にはプロジェクトに入っているファイルリストが表示されています。このうちled.cにmain関数が書かれていて、LEDを点滅させる処理を行っています。これを6_pid.cと入れ替えるために、

4. まずHEWのメニューから[プロジェクト]-[ファイルの削除...]を選びます。

Del22led.cをプロジェクトから削除します。

Add15. 次に6_pid.cをプロジェクトに追加します。メニューから[プロジェクト]-[ファイルの追加...]を選びます。新しく開いたウィンドウで6_pid.cを指定します。

Add2プロジェクトにファイルが追加されるとこのように表示されます。

6. VSTONEのサンプルプログラムと同じようにビルド、書き込み等を行います。

|

« Beauto講座サンプルプログラム訂正 | トップページ | UFOキャッチャーMEGA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123969/50530569

この記事へのトラックバック一覧です: 本講座サンプルプログラムの利用方法:

« Beauto講座サンプルプログラム訂正 | トップページ | UFOキャッチャーMEGA »