« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月 7日 (土)

ロボプロステーションチャレンジカップ2013参加

ロボプロステーションチャレンジカッ2013に参加しました。

自律動作でボールを台から落とす競技「さがしてポン」とコース周回競走である「ビュートロボコン」に出ました。 さがしてポンは車両型ロボット(Beauto)でも出場できるように今回のルールが作られていたので、主にこちらに合わせたロボットを急遽作りました。車両型は二足に比べて圧倒的に足が速いので、大分有利な条件だったと思います。そのおかげもあって時間記録でトップになりました。ただ、余分な部品を載せて重くなった割にはモーターのトルクが足らないという状態でロボットの出来としては今ひとつでした。ビュートロボコンの方では4位となってしまいました。

ビュートロボコン部門で優勝した府立淀川工科高校のロボットは本サイトのビュートステップアップ講座を参考にしてプログラムを作ったそうです。それだけでなく、十分な加速度を得るためにギア比を下げ、かつ最高速を上げるために電源電圧を調整してきたそうで、良く工夫されていると思いました。

私の今回作ったロボットの名前は「金将」。名前の由来は次の2つの点です。

  • 異なる2つの競技に出場するロボット<->攻めにも守りにも広く活躍する駒
  • 横にセンサーがある<->真横にも利く駒 

_cimg1276_2

当日、会場の照明からの赤外線を避けるために急遽覆いを作りました。

_cimg1276 中身はこのようになっています。

詳細は後日独立したページにまとめます。まずは機能の概略を書いておきます。

  • 床ラインセンサー x4 (辻風のものと同じ)
  • 落下防止用床センサー(S7136+赤外LED) x2
  • ボール検知用赤外線距離センサー(GP2D12) x1
  • センサ用5V電源生成用昇圧回路

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »