« 2014年度マイクロマウス関西地区大会に出場 | トップページ | International Robot Contest 2014参加 »

2014年9月28日 (日)

Dust Devilの駆動部構造と小物

Dust Devilの「付属品」や製作にあたって工夫した点についてです。

Cimg2115

ロボット運搬用の箱です。菓子の空箱を再利用しました。

Cimg2114Cimg2116Dust_devil_wheel_mounter_design

アルミで作ったスパナとその使い方です。車軸にはM3のネジが切られており、フレームを両側からナットで挟んで締め付けることで固定します。その際に外側のナットをこのようにして回します。また、同時にネジをドライバーで回すことで、歯車が自由に回りかつガタつかないように調整します。歯車とホイールは一体化しており、車軸と摺動しつつ回ります。ビュートローバーに採用されているタミヤのダブルギヤボックスの青い歯車(2段ギア; 36T/12T)を使いました。

なお、車軸は固定に要する部分だけネジになっていてギアと摺動する部分は円柱のままであることが望ましいのですが、現在のところはありあわせの部品で作ったため全体がネジになっています。ネジ部分は3mmよりも若干細いためガタが出たり、ネジ山に歯車の内部が削られて摩耗しやすいという欠点がありますがひとまず見送りとなりました。

Cimg2118

モーターマウント加工用の治具です。フレームは水平な底板と垂直なモーターマウントに分けて板材から削り出します。底板にポケット加工してそこにモーターマウントをはめ込み、ネジで固定します。そのネジのための穴は板の横面方向のため、私の持っているCNCフライス盤では自動加工できません。そのため底板のポケット加工部分と同じ形をした治具を作り、ピンバイスでネジの下穴を開けました。

|

« 2014年度マイクロマウス関西地区大会に出場 | トップページ | International Robot Contest 2014参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123969/60388191

この記事へのトラックバック一覧です: Dust Devilの駆動部構造と小物:

« 2014年度マイクロマウス関西地区大会に出場 | トップページ | International Robot Contest 2014参加 »